必ずうまくいく成長思想とは?

必ずうまくいく成長思想とは?

あなたは、走ることを通して何を叶えたいですか?

 

①競争に勝つ?

②目標を達成する?

③自己成長を望む?

 

1、「競争に勝つ」ことを目的に走る場合

【勝者の思想】

当然負けることもあるわけです。

この「勝ち」か「負け」かにこだわり、

競争の勝者を「成功」とする考え方を

「勝者の思想」

と言います。

この考え方では、

他人の評価を求めるので、お金や地位、権力、数字といった

表面的なもの、他人の目を基準としています。

 

また、「勝者」になれるのは、ほんの一部の人であり、

得る人もいれば、失う人もでるという思想になります。

だからといって、

不要なものでもなく、

場面によっては必要になる考え方でもあります。

 

2、目標を達成することを目的に走る場合

【達成の思想】

目標を達しするかどうかは、

他者は関係せず、「自己との闘い」になります。

他人の評価は関係せず、

自分からの目が評価基準になります。

つまり、

自己設定した目標達成を「成功」とする考え方を、

「達成の思想」

と言います。

他者と走る場合でも、それぞれの目標を意識できるので、

それぞれが達成することも可能になります。

とはいえ、必ず目標が達成するわけでもないので、

目標達成できないと、

ネガティブな結果という思想にもなります。

 

3、自己成長を望むことを目的として走る場合

【成長の思想】

それぞれが成長できたと思えるかを判断基準とします。

 

例えば、

「あのピッチャーは苦手なピッチャーですか?」
「いえ、彼は自分の可能性を引き出してくれる素晴らしいピッチャーです。」
「だから自分も彼の可能性を引き出せる素晴らしいバッターになりたいです。」

(大リーガー イチロー)

 

この思想は、

成長の思想ですね。

その日の結果は、ノーヒットかもしれない。

その日の目標は、達成していないかもしれない。

しかし、

その日1日1日を一生懸命に生き、

常に学びと氣づきの姿勢で、

「成長」

の視点で物事に臨んでいるならば、

全てのことが未来に繋がることがわかる。

 

この物事の考え方を、

【成長の思想】という。

 

成長思想なら、あなた次第で必ずうまくいく。

敗者はいない。

全ての人が「人生の勝者」になる。

 

 

あなたは、走ることを通して、

どんな目標設定にしたいと思いましたか?

運動する時間がなくても 身体も心も元気にし、短時間で全ての パフォーマンスを引き上げる  魔法のランニングメソッドメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事