余裕がない時のアプローチ法

今回は、レース中の余裕が無い時のアプローチ法について、
お話していきます。

 

これは、日常の余裕が無い状況でも役立つアプローチです。

 

先日、お笑い芸人さんのラントレーニングのサポートをしている際に、

「レース中に、他の選手や沿道の人からの声援には
応えてもエエもんでしょうか?」

という質問を受けました。

 

私は、
「もちろんです!」
と答えました。

 

加えて、
「特に前半は、余裕を造るためにも、声援に応えましょう!」

 

さらに、
「後半しんどくなった時には、
相手を励ますように力強く応えるのが良いです!」
と。

 

余裕がない時は、
余裕がある行動をする!

 

元氣がない時は、
元氣な行動をとる!

 

エネルギーをもらいたい時は、
周りにエネルギーを与える行動をとる!

 

落ち込んでる時は笑ってみる。

 

走るのが困難な時は、ダッシュしてみる。

 

しんどい時の言葉は「楽し~い♫」と言ってみる。

 

私もこれまでのレース中にも
沢山実践してきたアプローチ法です。

 

脳の仕組み、
思考のしくみ、
心理学的にも理にかなったもの。

 

これが、
【余裕がない時のアプローチ法】

運動する時間がなくても 身体も心も元気にし、短時間で全ての パフォーマンスを引き上げる  魔法のランニングメソッドメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事