心と身体の連動性

心と身体の連動性

 

心と身体に連動性があることは、

何となく実感がある方も多いかもしれません。

 

今日お伝えする「心」は、
「心理」という意味で使っていきます。

 

なぜ、人は走るのでしょうか?

 

走るという動作や体調面に、

どのように心理面や感情が影響するのか?

 

「動作」を現す単語は「motion」

「感情」を現す単語は「emotion」

 

「motion」とは「emotion」から由来する言葉です。

 

つまり、

「動作」とは「感情」から由来する意味を備えているということ。

 

良い動きは、良い感情をもたらしてくれる。

良い走りは、良い感情を創ってくれる。

 

人間の欲求とは、モノよりも感情にあります。

何かを欲しい、

お金が欲しい、

というのも錯覚で、

本来は、その先の安心感や充実感、幸福感等が欲しいのです。

 

では、走る時の「記録」が欲しい人はどうでしょうか?

300km走らなければ、
とつじつまを合わせて走る氣持ちはなんでしょうか?

 

本来は、記録よりも、
その先の「感情」が欲しいのです。

 

自信が欲しい、

トラウマを払拭した、

認められたい、

達成感を感じたい、

そのような氣持ちでしょうか!

 

その辺りを踏まえると、

人々がマラソンにチャレンジする理由とは、

走るという動作を通して、

得たい感情を得ること

になります。

 

良い動作が、良い感情(状態)をもたらす例Ⅰ<笑い>

笑い」のやり方は、ご存知ですか?

(笑)

 

口を開けて、

口角を上げて、

目を細くして、

目線を上げて、

声を張り上げて、

 

「わっはっはっは~~!!」

 

腹筋もかなり使いますね!!

 

上記のような「やり方」が

「笑い」ですね!

 

今、やってみましょう!!

(笑)(笑) (笑)

^0^

 

いかがでしょうか?

 

 

 

1人だと実感ないかもしれませんが・・

「笑う」という行動そのものが楽しい感情を創ってくれます。

 

実際、私のレッスンやセミナーでも、突然行うことがあります(笑)

笑うから楽しくなる♪

 

「する」から「なる」のです。

 

私はレース中、エイドステーションのボランティアスタッフを

笑わせようという行動をとることがあります。

笑いは元氣に繋がります。

それは、与える側も、与えられる側も!

 

疲れたら笑顔を見せる。

氣分が乗らないなら、周囲を楽しませる。

 

走りながらも、笑顔の挨拶をするように心がけると、

オーバーペースにならず、ちょうど良いペース配分になるものです。

 

精神的にも肉体的にもギリギリの時ほど、

笑いと笑顔が、その状況の救世主になります。

 

「する」から「なる」

 

良い動作が、良い感情(状態)をもたらす例Ⅱ

「スキップ」は、いつやりますか?

 

スキップは、陸上で走ることを教える際に、

用いられるトレーニング法の1つです。

 

理由は、重心移動であったり、

フォーム改善に最適な動作になるからです。

 

しかし、

私達が提供する【魔法のランニング®走法】

では、別の使い方でスキップを用いります。

 

その別の使い方とは、

「動作が楽しい状態をもたらすドリル」として使うのです。

 

 

 

○○さんにとって、「スキップ」のイメージは、

どのようなものでしょうか?

 

落ち込んだ時にする?

怒った時にする?

アイデアを出す時にする?

楽しい時にする?

 

そう、楽しい時にしますね(笑)

なぜならば、

かけ声は

「スキップ スキップ ランランラン♬」

と言いますよね♪

 

逆に、

「ちくしょ~!!」怒)

怒った感情と、表情にしながら

言いながらスキップをしてみましょう!

 

・・いかがでしょうか?

たぶん、リズムに乗れないはずです。

 

次に、

「はぁ・・・・」沈)

落ち込んだ姿勢と表情のまま、

スキップをやってみましょう。

 

これも、バネが利きませんよね。

 

そう!

スキップは、「楽しくなる」動作なのです。

目線は「前向き」で行うから、氣持ちも前向きになります!

ノリノリの氣持ちで、一連のやり方でスキップをやれば、

重心の「ノリ」は更に良くなるのです。

動作が感情を創ります。

楽しくやる時にやる動作には、

楽しさを増幅させる秘訣があるのです。

 

まとめ

心と身体の連動性

・なぜ、人々は走るのか?

⇒走るという動作を通して、得たい感情を得るため

 

・良い動作が、良い感情(状態)をもたらす例Ⅰ⇒笑い

 

・良い動作が、良い感情(状態)をもたらす例Ⅱ⇒スキップ

 

運動する時間がなくても 身体も心も元気にし、短時間で全ての パフォーマンスを引き上げる  魔法のランニングメソッドメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事