結果よりも過程を大切にすることの意味とは?

結果よりも過程を大切にすることの意味とは?

 

あなたは、
マラソン大会当日の結果(記録)と、
その大会に至るまでの道のりと、
どちらをより大切にされてますか?

 

 

“之れを為して成らずんばやめざるなり”

 

いくらやっても出来なければ、出来るまでやめなければいい。

やめたら、出来なかったということになる。

出来てない途中は、出来るまでの過程である。

出来るまでの過程が、人は成長出来る時で、
最も面白い時でもある。

 

 

人生において、
結果を重要視することは、
その現実においては大切なことがあります。

 

ただし、
未来から物事を捉えた時に、
その結果以上に、そこに至るまでの過程こそが、
人を成長させ、
その先の未来に繋がることが解ると思います。

 

さらに、
物事の過程を大切にすることは、
その一瞬一瞬の物事の価値を高め
同じ時間を生きていても、
より意味深い、
充実感の拡がる、
時間感覚の違う生き方に変えてくれるのです。

 

そうなると、
結果は、その過程の一部にすぎません。

 

逆に、結果主義にこだわると、
その物事の過程の価値を見出せなくなってしまうのです

 

例えば、
物事の過程を大切にする場合、
1~10に至る中で、
1の意味、
2の意味
3の意味を大切にして、
その1つ1つにおける学びや氣づきや成長を大切にするならば、
そのステップそのものに大きな意味を見出せます。

 

一方、
物事の結果を第一にする場合、
1~10に至る中で、
10が一番大切になる場合、
10の結果が×(目標に対する失敗)になると、
1~10を否定する
或いは、意味が無かったように思ってしまう
人間の心理上、
そのようになってしまうようです。

 

どちらを選ぶかは、
あなた次第。

 

どちらでなければいけないという話でもありません。

 

バランスが大事だと思います。

 

そして、経験談ですが、

このような「価値観」の順位を、

たた1つ入れ替えるだけで、結果が大いに変わることがあります。

 

走ることや、ご自身の人生に置き換えた場合、
あなたは、どちらの考え方を選択したいですか?

運動する時間がなくても 身体も心も元気にし、短時間で全ての パフォーマンスを引き上げる  魔法のランニングメソッドメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事