走る人=リーダーの証

走る人=リーダーの証

 

私が、10年後に叶えたい事があります。

 

それは、

 

「走る人=リーダー」

 

という世の中のイメージにすることです。

 

現状はどうでしょうか?

 

・・

 

まだまだ、という印象を受けます。

 

なぜ、走る人がリーダーなのか

なぜ、私が「走る人=リーダー」という社会におけるじtイメージ創りを叶えたいのか?

 

私は、12年ほど前から、

 

コミュニケーションやリーダーシップを学ぶようになり、

 

世界的なリーダー達を生で観て、学ぶ機会に触れてきました。

 

彼らから、リーダーとしての秘訣を学び、

 

自分なりに実践してきました。

 

私の場合は、人生における方向性が明確になっていくと共に、

 

様々な夢が実現するようになりました。

 

また、

 

レース中における自分とのコミュニケーションや、

 

リーダーシップという観点でも、沢山実践してきました。

 

そのような経験を通して得られた答えの1つが、

 

「走ること=リーダーシップ」

 

「ランナー=リーダー」

 

というイメージが出来上がりました。

 

 

正確にいうと、

 

「走ること=リーダーシップのワーク(トレーニング)になる」

 

「ランナー=リーダーとして必要なセルフマネージメントを行っている」

 

ということです。

 

だから、私は期待しているのです。

 

実際は、まだまだ「自分」に焦点ばかり向いてしまう人が多いのですが、

 

彼らが「周りの人」や「社会」に向けて、与える人になった時、

 

社会はもっと素晴らしくなると期待しているのです。

 

走ることを通じた目標設定の意味とは?

 ランニング、マラソン大会を目標とし、

 

それに向かってトレーニングすることの意味は、

 

自分自身の弱い心と向き合い、

 

日々それを乗り越えて、

 

自分で決めたことを実行し続ける。実行力・行動力>

 

レースでは、自らの限界にチャレンジすることを実行する!勇氣・乗り越える力>

 

それを習慣化する人達は、

 

セルフマネージメントが出来ているのです。<継続力・自己管理能力>

 

自分の生き方のコントロールが出来ない人は、口だけの一貫性がない人です。

 

セルフマネージメントが出来る人こそが、他人のマネージメントも出来る資格があります。

 

 走ることは、セルフマネージメント

 

リーダーの力を備えたランナーへのメッセージ

 

日々、走ることを習慣化させ、

セルフマネージメントを実行している人達は

是非「内」ばかりではなく「外」に向けた価値を発揮してほしい。

 

あなたなら出来る!

 

あなたが社会を変えることが出来る!

 

あなたしかいない。

 

あなたが、どこに焦点を向けるかだけで、世界は一瞬で変わり始める。

 

あなたが、走ることを通して、周囲の人へ与えられる価値は何でしょうか?

 

あなたは、走ることを通して、どんな役に立つことを学びましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※この記事は、魔法のランニング®メソッドメール講座の一文です。

さらに詳しく知りたい方や、このようなメール講座を無料で受け取りたい方はコチラからご登録下さい。

http://runfaci.jp/mail/

魔法のランニング®メソッドメール講座

↓     ↓      ↓     ↓

運動する時間がなくても 身体も心も元気にし、短時間で全ての パフォーマンスを引き上げる  魔法のランニングメソッドメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事